公認会計士の勉強をする|資格取得への道のり

どういう対策がベストか

グラフと電卓

簡単に受かる資格ではない

公認会計士の資格を取得したいとこれから勉強したいと考えている方がいるかと思われます。ただ、注意しておくべき点があるので各自でしっかり認識しておくことが求められます。それは何かというと、簡単に受かる資格では決してないということになります。合格率は10%程度で、少なくとも3000時間の勉強時間が必要だと言われています。これでも難易度は下がっています。昔はもっと勉強時間が必要でした。短期間で取得できる甘い資格ではないので、覚悟を持って取り組む必要があります。年代別の合格率を見ると、若い世代の方が明らかに高くなっています。社会人は仕事と勉強を両立しなければいけないので、なかなか厳しい現状があります。

暗記だけではない

公認会計士の問題の特徴は暗記だけではない点になります。企業法などは暗記科目になりますが、理論をしっかり理解しておかなければいけない問題もあります。勉強方法としては独学はあまりオススメできません。公認会計士のような難易度が高い資格に関してはスクールを利用するべきです。分かりやすく教えてくれますし、解けない問題が見つかったときに解決することができる等のメリットがあります。独学だと分からない問題をそのままにしている人が多いと思われるので、勉強法としてはあまりよろしくないです。費用は数十万かかってしまいますが、公認会計士の資格を取ることができれば安いものです。稼げる資格なので、お金をかける価値は十分あります。