公認会計士の勉強をする|資格取得への道のり

どういう対策がベストか

グラフと電卓

公認会計士を取得したいと考えている方がいるかと思われます。稼げる資格ですが、難易度が高いので、覚悟して勉強に取り組むことが求められます。3000時間は必要になるので、簡単に受かる資格ではないです。暗記だけでなく理論も理解しなければいけないので、独学ではなくスクールを利用した方が確実です。

Read More...

資格取得にむけて

文房具

公認会計士の資格を取得するためには、しっかりとしたスケジュールを立てて勉強する必要があります。なぜならば、公認会計士の資格は難関資格として知られ、取得するのがなかなか難しい資格の1つだからです。しかしながら、難しい資格だとはいっても、合格する人が必ずいますので、公認会計士に合格するための勉強方法を知っておきましょう。まずは、スケジュールを確認することです。公認会計士の試験の本番はいつになるかをまずは確認しましょう。何ヶ月後に資格試験があるのかをしっかりと把握し、合格までに必要な勉強時間を逆算して考えなければなりません。公認会計士に合格するために必要な勉強時間を確保できるかどうかを確認してください。

働きながら公認会計士の資格を取得するためには通信講座がお勧めです。通信講座で勉強することによって、空いている時間を有効活用することができるのです。例えば、予備校に通って勉強すると思いますが、予備校の授業時間は予備校によって決められています。そのため、自分の空いた時間に勉強すると言う方法が取れないのです。仕事をしている人であれば、残業をすることもあるでしょう。思わぬ残業によって授業に出席できないと言うことも考えられるのです。通信講座を活用すればそのようなことがありません。早朝や深夜にでも勉強することが可能になります。仕事に忙しく、自分の空いた時間に勉強したい人には特に通信講座がぴったりなのです。

通信教育で学ぶ

PCを触る男の人

公認会計士は難関国家資格で、資格を取得するためにはたくさんの勉強時間が必要です。そのため、勉強は効率よく行うことが求められます。最近では様々な勉強方法があるので。ご自身に合う方法を選択することが大切です。

Read More...

独学で学ぶ方法

PCと電卓

独学で勉強して、公認会計士の試験に合格するには基礎のテキストから段階的に勉強していく方法が有効です。まず基礎のテキストを完璧に理解して、その後は少しずつ難しいテキストに取り組んでいきます。この方法で、短答試験も論文試験も突破できます。

Read More...